「3d加熱の加熱式タバコ」情報

3d加熱の電子タバコをお探しですか?

 

電子タバコには、「VAPEと言われるリキッド式のもの」と「加熱式タバコ」があります。

電子タバコ博士

 

なので、「3d加熱」のものは、厳密には「加熱式タバコ」になります。

 

 

そして、「加熱式タバコ」の中には、

 

ブレード加熱(タバコスティックの内側から加熱)
3d加熱(包み込むように立体的に加熱)

 

の2種類があります。

 

「3d加熱」の方が、全方向から加熱できるので、たばこ本来の風味が際立ちます。

 

 

「3d加熱」なら、「エース」というアイコス互換機がオススメ

 

「エース」は、特許申請中の「3dベーキングシステム」という技術で、タバコ本来の味を忠実に再現し、「濃い味・キック感」を作り出しています。

 

※いまクーポンでてます

こちらから詳細が見れます

↓↓↓↓

 

 

自己紹介

コウタといいます。32歳の独身サラリーマンで、タバコ歴は10年くらいです。マルボロが好きでした。

サラリーマン

 

2年ほど前から「加熱式タバコ」を吸ってます。

 

きっかけは、付き合ってる彼女に、「部屋がヤニ臭いから紙タバコはイヤ!」といわれたことでした(・_・;)

 

紙タバコみたいな吸いごたえがない・・・

それで「アイコス」を吸い始めたんですけど、「味が薄くて吸いごたえがない・・」って感じました(;´Д`)

サラリーマン

 

で、彼女にみつからないように、コッソリ紙タバコに戻したんですけど、バレまして(-_-;)

 

「別れるか紙タバコやめるかにして」なんて言われたもんですから、「もっと吸いごたえがある電子タバコないかな?」って探し始めたんです。

 

「電子タバコ」種類多すぎ( ゚Д゚)( ゚Д゚)

で、調べてみたはいいんですけど、電子タバコってメチャ種類多いですよね!?

電子タバコ

 

・聞いたことがないメーカーばかり
・輸入品がたくさん
・全部同じような感じに見える

 

こんな感じなので、僕はお手上げ状態でした\(^o^)/

 

ただ、それでも色々調べていくと、
どうやら3d加熱の方が美味いらしい
ってことがわかってきたんです。

 

それで、選んだのが「エース」だったんです。

 

エースの3つの良い点

@やっぱ味が濃い

「エース」は僕が吸った加熱式タバコの中で、ダントツ「濃い味」です。

 

「味が濃くなきゃタバコじゃない!」的なスタンスの僕にはちょうどよかったです♪

 

「3d加熱」だけあって、タバコスティックをこんがり焼いてくれてるからこそだと実感しましたね。

 

Aキック感がいい

吸った時に、のどにガツンとくるキック感。

キック感

 

エースは、のどにグサッと刺さるような感じで、吸うと刺激的でギンギンします(*‘∀‘)

 

「タバコ吸ってるな〜」って実感できるんで僕は好きですね♪

 

B水洗いで味落ちなし

水で丸洗いできるんで、清潔なのはもちろんのこと、吸っても味落ちしてこないのがうれしいです♪

丸洗い

 

前に吸ってたブレード式のは、ブラシでこするだけなんで、だんだん「ん?味変わった?」的な感じになってきたんですね(@_@)

 

そんな感覚を味わわなくてすんでるのも地味にイイですね。

 

「EFOS E1」との比較

「3d加熱」の商品としては、EFOS(イーフォス)というのがありまして、僕はコレと最後まで迷いました(@_@)

 

なので、参考までにそれぞれを比較した情報をのせておきますね。

 

☆ポイント☆

・両方とも3d加熱なので濃い味がでる
・メーカーは両方とも同じ
・「EFOS]は温度が2段階モードなので薄味も吸える
・「エース」は水洗いできるので味が劣化しにくい
・「EFOS:」の方が連続吸引回数が多い
・値段は「EFOS」の方が高い
・「エース」の方が新しい機種で「タバコ本来の味わい」を追及してる

 

EFOS E1 エース
温度モード

2段階(高温・低温)
※高温は強いタバコ風味
※低温だとアイコスのような感じ

高温モードのみ
※キック感が強い

洗浄方法

ブラシなどでふき取る
※どうしてもカスは残る

外して丸洗い
※しっかり洗えるので味が落ちにくい

連続吸引回数 5回 3回
値段(定価) 8980円 7980円

 

まとめると、

 

・マイルドな低温も吸いたい→EFOS
・4本以上連続で吸いたい→EFOS

 

・水洗いで清潔に保ちたい→エース
・水洗いで味の劣化を防ぎたい→エース
・キック感重視→エース

 

こんな感じになるかと思います。

 

ちなみに、電話でメーカーの担当者さんに聞いてみた所、「エースの方が新しいので上位機種」とのことでした。

 

【注意】こんな人はダメ!

それはズバリ、
7mg以上の紙タバコを吸ってる人

ダメ

 

ブランドで言うと、「ハイエース」「ピース」とかを吸ってる人です。

 

タバコの「ミリ」とは?

 

「1ミリ」「10ミリ」と言われるのは、タール(ヤニ)の量。
タバコの味わいを決める重要なポイントになっていて、「ミリ」が少ない程、味が薄くなります。

 

加熱式タバコは、「エース」でも「7mgの味わいかなー」って感じなので、これ以上を吸ってる人には物足りなさがでる可能性があります。

 

なので、素直に紙タバコを続けた方が、いいかもしれません。

 

 

とはいえ、味とか濃さは、「感じ方」の問題。

 

実際に吸ってみないとわかりません

 

なので、一度チャレンジしてみて、「ダメだったら紙タバコに戻る」っていうのもアリかもしれません。

 

お金はかかっちゃいますけど、加熱式タバコには「匂いがつかない」「周りに嫌がられない」ってメリットもあるので、1回試してみる価値はあると思いますよ('◇')ゞ

 

紙タバコに戻らずすんだ♪

「エース」には、

 

・チェーンスモークできる
・水洗いでキレイにできる
・20時間もつ

 

といった長所がありますが、

リーマン

 

僕が一番うれしかったのは、
タバコみたいな味わいを楽しめたこと

 

3d加熱で、濃い味が出るので、「あ〜タバコ吸ってるな〜♪」って満足できたんです。

 

おかげで紙タバコに戻らず、彼女にも怒られなかったんで満足です(^^♪

 

※いまキャンペーン中でした
こちらから詳細が見れます
↓↓↓↓
アイコス互換機ACE(エース)

 

「加熱式タバコ」一覧

商品名 特徴 販売ページ
MADMOON(マッドムーン)

・20本吸引
・低温、高温モードあり

販売ページ
Ocean-C T1

・Eonfineの最新版
・25本吸引可能
・キック感は弱め、味は薄め

販売ページ
Eonfine

・分解して清掃できる
・20本吸引可能

販売ページ
GeFive

・きつめの吸い心地
・吸引は12から15本

販売ページ
販売ページ ※最新機(G1_Plus)

jouz 20

・ヒートスティック型
・20本吸引可能
・バッテリー1年保証

販売ページ
Cigaresso(シガレッソ)

・加熱制御システムで風味が均一
・軽量でコンパクト
・連続吸いOK

販売ページ
i Buddy(アイバディ)

・一体型
・連続吸引OK
・スティック加熱式

販売ページ
iSMOKE(アイスモーク)

・とにかく「軽い」「小さい」
・キャップ付きの一体型
・デザインがかわいい

販売ページ